【株主優待】株初心者向け!お得な優待内容の月別・銘柄別まとめ

HAKINMHAN/Shutterstock.com

株式投資の醍醐味は、(1)値上がり益(キャピタル・ゲイン)及び(2)配当収入(インカム・ゲイン)が主であることは間違いないでしょう。一方で、株式投資の初心者にとっての「株主優待」は、株式を保有するにあたっては非常に魅力あるポイントの一つです。株主優待は株式投資における第3の醍醐味ともいえるのではないでしょうか。そこで、ここでは、株主優待制度を実施している主な上場企業について、株主優待確定月別、また銘柄別にまとめてみます。

続きを読む

株主優待実施企業は全上場企業の40%弱が実施

2018年11月9日に大和インベスター・リレーションズが発表したプレスリリースによりますと、全市場の上場企業数3771社中、1450社が株主優待制度を実施しています。この前提に立てば、株主優待実施率は38.5%にも及びます。

このように多くの上場企業が国内のより多くの個人投資家に株式を保有してもらえるように株主優待施策を整えています。ですので、優待内容に興味があれば、是非投資を検討してみては以下でしょうか。

もっとも、株主優待は株式投資をした結果に付随するものです。したがって、どの銘柄に投資をするかという銘柄選択は慎重に行うとよいでしょう。そうでなければ、「優待内容には満足だけれども、含み損を抱えて塩漬け」ということにもなりかねません。

株主優待確定月別・銘柄別まとめ一覧

株主優待は、一般的には決算月末日(主には上期や通期決算月の末日)を株主として確定する日としています。したがって、正確には株主確定基準日なのですが、ここでは一覧性を考慮して月別に表記しています。確定基準日については、都度銘柄ごとにご確認ください。銘柄ごとにリンクをクリックいただければ、詳細に飛びます。

【PR】NISAもiDeCoもOK!投資初心者向けおすすめネット証券をかんたん検索!!!

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながらつみたてNISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

年始から春まで(1-3月)の株主優待一覧

1月(January)

2月(February)

3月(March)

【PR】5年間で勝率76%!!!日本株の個別銘柄選択はLongine(ロンジン)

個人投資家向け金融経済メディアLongine(ロンジン)では、月額1080円で機関投資家などで実績を積んだプロアナリストの推奨銘柄を購読いただけます(個別記事は216円)。個別銘柄にこだわりたい方は是非ご活用ください。

>> Longineのご購読お申込みはこちら

参考記事

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。