800円で映画鑑賞!東宝のお得な株主優待と最近の株価

個人投資家向けの株主優待研究シリーズ

Subbotina Anna/Shuttestock.com

シリーズでお伝えしている「個人投資家向けの株主優待研究」。株主優待制度は、株主は株式を発行している上場企業が提供している商品であったり、サービスの優待券であったりを手にすることができます。株式投資では値上がり益や配当が主な醍醐味ですが、それらに次いで株主優待も人気です。今回は東宝の株主優待と株価動向について見ていきましょう。

東宝の株主優待の概要

さて、同社の株主優待の詳細を見ていきましょう。

対象株主

続きを読む

同社株式を100株以上保有の株主

株主優待確定日

  • 毎年2月末
  • 毎年8月末

株主優待内容

同社グループ映画館にて800円で映画鑑賞できる「株主映画ご優待券」
株主カードと株主映画ご招待券を映画館チケット売り場等で提示することにより映画鑑賞できる「株主カードおよび株主映画ご招待券」(株主カードの発行は原則として初回のみ)
同社指定の演劇を6公演分鑑賞できる「演劇ご招待券」(招待可能な演劇がない場合は、1枚につき株主映画ご招待券1シート<指定2ヶ月間通用券×6枚>で代替します。)

株主優待基準

<2月末および8月末>

  • 100株以上500株未満:株主映画ご優待券2枚
  • 500株以上1000株未満:株主映画ご優待券8枚
  • 1000株以上2000株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主映画ご招待券1シート(指定2ヶ月間通用券×6枚)
  • 2000株以上3000株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主映画ご招待券2シート(指定2ヶ月間通用券×12枚)
  • 3000株以上5000株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主映画ご招待券3シート(指定2ヶ月間通用券×18枚)
  • 5000株以上1万株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード1枚貸与、および株主映画ご招待券6シート(指定2ヶ月間通用券×36枚)
  • 1万株以上2万株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード2枚貸与、および株主映画ご招待券10シート(指定2ヶ月間通用券×60枚)、および演劇ご招待券(1公演分につきA席券1枚)
  • 2万株以上3万株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード3枚貸与、および株主映画ご招待券15シート(指定2ヶ月間通用券×90枚)、および演劇ご招待券(1公演分につきA席券1枚)
  • 3万株以上5万株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード3枚貸与、および株主映画ご招待券20シート(指定2ヶ月間通用券×120枚)、および演劇ご招待券(1公演分につきA席券2枚)
  • 5万株以上10万株未満:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード3枚貸与、および株主映画ご招待券25シート(指定2ヶ月間通用券×150枚)、および演劇ご招待券(1公演分につきS席券3枚)
  • 10万株以上:株主ご本人カード1枚貸与、および株主ファミリーカード3枚貸与、および株主映画ご招待券30シート(指定2ヶ月間通用券×180枚)、および演劇ご招待券(1公演分につきS席券3枚)

発行時期

  • 2月末:5月下旬
  • 8月末:11月中旬

株主優待内容だけではなく、株価にも注意したい

株式投資をされている方で株主優待だけに興味があるという人は少ないでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。