貯蓄をみんな平均でいくらしているのか

二人以上世帯の貯蓄の中央値は1036万円だ。さらに貯蓄がない世帯(貯蓄ゼロ世帯)を加味すると中央値は978万円となる。

こうしてみると平均の1752万円とはかなり開いているのがお分りであろう。

はたらく世代の貯蓄はいくらか

ここまで見てきたデータは全世代が対象となっている。しかたがって、比較的貯蓄の大きい高齢者層も含まれている。そこで勤労世帯いわゆる現役世代に絞ってみるとどうであろうか。

二人以上の世帯のうち勤労者世帯についてみてみよう。

  • 貯蓄の平均値:1320万円
  • 貯蓄保有世帯の中央値:798万円
  • 貯蓄ゼロ世帯を含めた中央値:741万円

このように平均は1320万円で中央値は798万円となっている。さらに貯蓄がない人を加味すると中央値は741万円となる。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮澤 顕介

明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。