年収1000万円を若くして手にできるのはどの職業か

先ほど見た厚生労働所の産業別賃金では理系を卒業した学生が多く就職する「製造業」についてみてみましょう。

「製造業」の賃金を見ると全年齢平均で29.45万円。先ほど見た25から29歳では22.9万円と「電気・ガス・熱供給・水道業」、「情報通信業」と比べると低く見えます。

理系でも金融機関やコンサルタントとして活躍する人も多いですし、「電気・ガス・熱供給・水道業」や「情報通信業」でエンジニアなどとして職を手にすれば年収1000万円に近づけるのではないでしょうか。

女性で高賃金を手にできる職業とは

厚生労働省の資料は賃金について男女別のデータもあります。ここで面白いのは、女性で最も賃金が高い産業がこれまで見てきた産業と異なる点です。

女性で平均賃金が最も高いのは「教育, 学習支援業」で30.98万円となっています。また「学術研究, 専門・技術サービス業」も29.48万円と賃金は高くなっており、女性にとって条件の良い産業ということが言えます。

まとめにかえて

日本で年収1000万円以上を稼ぐのは難しいということが分かりましたが、データをもとにいかに年収を1000万円に近づけることができるのかを考えれば、その方法は見えてきそうです。産業別に選択・選別してもよいですし、企業別に選択をしてもよいですし、そうした分析の結果、年収1000万円は夢では決してなくなりそうです。

あわせて読みたい

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。