年収1000万円を若くして手にできるのはどの職業か

Shutterstock.com/g-stockstudio

実は「宿泊業, 飲食サービス業」の24.21万円となります。宿泊業や飲食業はインバウンド需要もあって伸びている産業だとは思いますが、従業員の給与となると最も低い産業ということになります。

就職人気ランキングで異業種ではありますが、JTBやHIS、ANAやJALといった旅行に関係する産業が人気であることから、宿泊業も条件の良い就職先かという見られ方もあるかと思いますが、こと賃金という観点ではもっとも低い産業といえます。

賃金が最も高い産業はどこか

では、最も賃金の高い産業はどこでしょうか。

答えは意外な産業かもしれません。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。