年収1000万円を若くして手にできるのはどの職業か

Shutterstock.com/g-stockstudio

高給を手にできる資格を伴った職業とはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 証券アナリスト
  • ファンドマネージャー
  • インベストメント・バンカー
  • アクチュアリー
  • 医師

などではないでしょうか。しかし、残念ながら、資格を手にしたからといって、年収1000万円が保証される職業はないといってもよいでしょう。ちなみに外資系コンサルタント等が保有しているMBAは資格ではなく学位です。念のため。

高給取りという意味では外資系金融機関に勤務するのが早いのではないでしょうか。30代はじめに年収5000万という猛者もいるようです(詳細は以下の参考記事もご覧ください)。

参考記事:「年収5000万円をサラリーマン30代で手にしても不満だった本当の理由とは」

外資系コンサルタントの給与水準も高そうではありますが、マッキンゼーやボストン・コンサルティングといった外資系コンサルタントの給料がどのくらいなのでしょうか。彼らの給与をイメージするためには以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:「マッキンゼーやボストン コンサルティングのコンサルタントは一体どのくらい稼いでいるのか」

法曹界の雄・弁護士でも所得で1000万は難しい

弁護士といえば、司法試験にパスするのは難しく、また高給を手にできる職業だというイメージがありますが、法務省から衝撃の調査レポートが公開されました。

【PR】5年間で勝率は7割越え!!!日本株の銘柄選択はLongine(ロンジン)で

個人投資家向け金融経済メディアLongine(ロンジン)では、月額1080円で機関投資家などで実績を積んだプロアナリストの推奨銘柄を購読いただけます(個別記事は216円)。個別銘柄にこだわりたい方は是非ご利用ください。

>> Longineのご購読お申込みはこちら

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。