年収1000万円を若くして手にできるのはどの職業か

Shutterstock.com/g-stockstudio

「法曹の収入・所得, 奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)」と題されたレポートには弁護士の所得結果が記されています。詳細は当レポートを参考にしていただければと思いますが、その中からハイライトをお伝えします。

平成27年分の所得の「平均値」は弁護士登録1年目から15年目までで716万円。これが「中央値」になると537万円となります。いかがでしょうか。イメージと異なるのではないでしょうか。「中央値」というのはデータを小さい順(または大きい順)に並べて、その真ん中の値を取り出したものです。平均値であれば大きな値(小さな値)に引っ張られ、全体像がよく見えなくなることがあります。もっとも、標準偏差などの数値もあればよいのですが、今回の開示データにその数値はないのであしからず。

ちなみに、弁護士登録6年目以降15年目までの所得の平均値は917万円、中央値は727万円となり、弁護士になったからといって即「年収1000万プレーヤー」かというと現実的にはそう簡単ではなさそうです。勉強した割には苦労をする職業という見方もできるでしょう。

理系で年収1000万円を手にできる仕事はあるのか

理系で年収1000万円を実現するにはどうしたらよいでしょうか。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。