年収について知りたい人のために「年収」の情報をまとめてみました

年収と所得の違いって?法改正で妻の働き方が変わる?!

Dean Drobot/Shutterstock.com

年収、所得、手取り収入、この違いについてスラスラ答えられる方は意外と多くありません。年収は、転職・就活ではとても重要な用語です。是非この機会に明らかにしてみましょう。気になる年収1000万についてのあれこれや、配偶者控除の法改正によって妻の働き方が変わる!?というお話にも触れてみます。

年収と所得、手取り収入の違いとは?

非常によく使われる、年収、所得、手取り(収入)という言葉ですが、あらためて説明してと言われると、明確な違いをさっと答えることができず、考え込んでしまうかたも多いのではないでしょうか。

続きを読む

転職・就活では、年収、所得、手取り収入を正しく理解していないと、想定していたのとは全然違う金額で契約をすることになってしまうかもしれません。転職・就活中の方、考えている方は必読です。

気になる!年収1000万円の人の税金と手取り給与。大変なことも?!

年収1000万円になるといっても、同時に所得税の税率のアップや住民税、社会保険料も忘れることができません。では、年収1000万円の人はどの程度の手取りがあるのでしょうか。また、税率はどの程度なのでしょうか。

そして、意外な盲点としては、給与が上がることによって先ほども見たように税率などが上がります。給与が上昇傾向にある人で高額所得者は6月の給与明細には要注意といいます。その理由はなぜなのでしょうか。

年収1000万円の住宅ローンや家賃、どうやったら年収1000万円を稼げるようになるのか、年収1000万円の仕事を手にする方法、20代・30代でも年収1000万円は可能なのか?など、年収1000万円に関して、もっと知りたい方は、こちらも!

妻の年収で働き方が変わる?配偶者控除の法改正

平成29年度の税制改正で配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正が行われ、平成30年(2018年)から適用されています。これまでは、妻の年収が一定額を超えてしまうと、夫が受け取れる手取りの額が大きく下がってしまう事から、103万円を上限として働く女性が多くいました。改正後は、妻と夫年収から控除額が算出されるため、世帯によっては妻の年収がアップ。それに伴い女性の働き方も変わるのではと言われています。

まとめにかえて

年収、所得、手取り収入の違いは正しく理解できたでしょうか?転職・就活では、是非これらを正しく理解して、希望の年収を勝ち取っていただけたらと思います。

年収1000万円についてのノウハウは、年収1000万円とまで行かなくても、年収アップの秘訣が満載でした。どうせ、と人ごとに思う前に、是非できることから実践してみてはいかがでしょうか。

配偶者控除の情報も気になりますね。ご自身のご家庭はどうなのか、面倒に思わずに是非一度算出してみてください。あなたや家族の働き方、そして長い目で見て老後を変える大きなチャンスとできるかは、あなたの行動次第ではないでしょうか。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。