「家族の介護をしている人」の年齢層はどのくらい?

男性の半数以上が「妻」と回答、介護を頼みたい人は誰?

では、みんなは、自分に介護が必要となったとき、誰に頼みたいと考えているのでしょうか?

ここで、内閣府が55歳以上の人を対象に実施した「高齢者の健康に関する調査(2017年)」から、「必要になった場合の介護を依頼したい人」、についてみていきましょう。

1位

男性:配偶者・・・56.9%
女性:ヘルパーなど介護サービスの人・・・39.5

2位

男性:ヘルパーなど介護サービスの人・・・22.2%
女性:子・・・31.7%

3位

男性:子・・・12.2%
女性:配偶者・・・19.3%

4位

男性:兄弟姉妹・・・2.0%
女性:子の配偶者・・・3.0%

5位

男性:子の配偶者・・・0.5%
女性:兄弟姉妹・・・1.5%

(※)同調査で「将来自分に介護が必要になった場合に、具体的な不安がある」と答えた1964人を対象した調査項目

傾向としては、「配偶者」を希望する人は、女性では年齢の低い層ほど多く、「子」を希望する人は、男女とも年齢の高い層ほど多い、という結果となっています。なお、調査結果の詳細からは、健康状態や都市規模による大きな差はみられませんでした。

ここまでのデータを意識しながら、次では、どんな間柄の人が実際に介護をしているかをみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

会社員として勤務するかたわら、フリーライターとして活動。
子育て・介護・相続など、実体験を生かした視点から書いた記事をお届けしていきます。