年収800万円世帯の貯金はいくらか

年収800万円超900万円以下の人は100に3人程度の割合でいることがわかります。年収が高くなるにつれて、割合は徐々に減っていきます。日本人の平均年収は44万円程度ですから、年収800万円の人は上位10%に入る高所得者と言えます。

年収800万円世帯の貯蓄はいくらか

それでは、年収800万円世帯の貯蓄状況をみていきましょう。

総務省統計局が発表した「家計調査/貯蓄・負債編2人以上の世帯詳細結果表」から、勤労者世帯の年収800~900万円未満世帯の貯蓄額と内訳は下記のとおりです。

800~900万円未満

貯蓄・・・1,537万円

〈内訳〉

  • 通貨性預金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・445万円
  • 定期性預貯金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・472万円
  • 生命保険など・・・342万円
  • 有価証券・・・203万円
  • 金融機関外・・・75万円

年収800万円世帯の資産構成は大部分が預貯金、ついで生命保険、有価証券の順で保有しているのがわかります。

また、株や投資信託などの有価証券などは、預貯金の1割強を占めており、多少のリスクをとって運用を行っている状況がわかります。将来の貯金や年金のために、iDeCoやNISAを活用しているのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。