年収800万円世帯の貯金はいくらか

年収800万円世帯の負債はいくらか

十分な預貯金がある一方で、勤労者世帯は住宅ローンの返済に追われる時期でもあります。

勤労者世帯の年収800~900万円未満の世帯は持ち家率が87.2%です。全世帯の平均持ち家比率が79.5%ですが、全ての層の中で800~900万円未満の世帯が、最も高い持ち家比率となっています。

ちなみに、持ち家比率は、年収650~700万円未満世帯でも81.5%と8割を超え、日本人の持ち家志向の高さがうかがえます。

それでは住宅・土地を含めた負債の状況を見ていきましょう。

800~900万円未満

負債・・・1,057万円

〈内訳〉

住宅・土地のための負債・・・992万円
住宅・土地以外の負債・・・44万円
月賦・年賦・・・21万円

前項で述べた貯蓄と負債を比較しますと、貯蓄のほうが負債より多く、480万円の黒字です。

預貯金にも余裕があり、無理のない返済を行っているため、収入の中から貯蓄に回せているのかもしれません。

高所得世帯の特徴とは

負債と赤字の関係を見てみましたが、住宅ローンの返済中はローンを一気に返済する必要はないため、急に収支のバランスが崩れることはありません。

上述したように、高所得世帯になるにつれ、貯蓄に回す金額が安定しているため、貯蓄と負債のバランスはだんだん良くなってくるのです。

おもしろいのは、各層における女性の有業率です。下記をご覧ください。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。