年収800万円世帯の貯金はいくらか

世帯主の配偶者のうち女の有業率

  • 500~550万円未満・・・46.8%
  • 800~900万円未満・・・62.1%
  • 1,000~1,250万円未満・・・66.4%
  • 1,250~1500万円未満・・・73.4%

年収1,000万円以上の年収がある世帯では、女性の配偶者の有業率が大きいことがわかります。年収1250~1,500万円未満世帯であれば、実に7割が有業です。

世帯の年収が高い一因は、夫婦共働きであるということがわかります。

まとめにかえて

日本人の平均年収は441万円ですから、800万円世帯は平均よりも世帯収入が多い部類に入ります。

貯蓄は約1,500万円あり、毎月の給与から確実に貯金をしていることがわかります。

注意が必要なのは、住宅ローン返済中の世帯です。世帯年収が高いだけに、支出も増える傾向があります。

住宅ローンは毎月必ず返済すべきお金ですから、仕事が無くなっても、病気で働けなくなっても、場合によっては返済し続けないといけません。

返済のために生活を切り詰めようとしても、身についた生活習慣は簡単には変えられません。生活水準を下げることはとても大変です。日頃から、無駄な支出はしないなど、節約を意識するだけでもだいぶ違います。

何が起こるかわからない時代ですから、健康で余裕があるうちに、死亡の場合だけでなく、上記のようなケースも考えておいた方がいいかもしれません。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。