【2019年の注目投信】投資信託の5人のプロがおすすめする投信はこれだ!

2019年は荒れ相場に立ち向かい、投資信託を活用して資産形成を確かなものへ

三井住友アセットマネジメント

  • YOURMIRAIワールド・リゾート

「YOURMIRAI」は、「あなたの未来(YOURMIRAI)のための投資信託」というメッセージを込めた投信シリーズのブランド名。当ファンドは、国内外の「カジノを含む統合型リゾート」関連株式に投資。

世界的に「カジノを含む統合型リゾート」の市場規模は、拡大の一途を辿っており、多くの人や最先端の技術が集まる経済効果の高いこの分野は、今後ますます魅力の高まるテーマに。

いわゆる「カジノ関連法案」が成立したばかりの日本において、まさに「粋」で「旬」なファンド。グローバル投資のメリットを最大限に享受することができるといえます。

  • イノベーション・インデックス・AI/イノベーション・インデックス・フィンテック

当シリーズは2018年に立ち上げたばかりの新ブランド。

経済や社会のあり方、産業構造に急速な変化を起こすイノベーション、世界の構造を決定づけるメガ・トレンドに着目、今後もこのコンセプトから振れることなく新ファンドを「シリーズ化」していく予定。

一過性ではなく、今後拡大が見込まれるテーマに特化、先んじて投資する当シリーズは、当社独自のセレクトファンド。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。