【国民年金・厚生年金】みんな、いくら受給しているか

copy URL

将来の老後対策を

年金だけでは老後資金をカバーできない場合に、ぜひ視野に入れていただきたいのが「資産運用」です。

「つみたてNISA」や「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」などが知名度を上げつつある今、すでにスタートをご検討されていらっしゃる方も多いでしょう。

本日は、資産運用でぜひ知っておきたいポイント3つに絞ってお伝えします。

ポイント① 「複利」

一つ目は「複利」です。

複利は、投資で得られた利益を手元に受取らずに再度運用に回し、資産を雪だるま式に増やしていく方法です。「利子が利子を生む」というイメージですね。

ポイント②「長期積立投資」

2つ目は「長期積立投資」です。

ご存知の方も多いと思いますが、過去の実績上運用期間は長ければ長いほど、リターンが大きくなる傾向があります。

また、一括で大きな金額を投資するよりも、決まったタイミングで決まった金額を積立投資していくほうが、高い値段で買ってしまうことの防止につながります。

ポイント③「保障」

3つ目は「保障」です。

過去の実績上運用期間が長い方がリターンも大きく、積立投資・複利の効果も最大限発揮することができます。しかし、最大の問題がケガや病気、介護状態などになることで積立投資を継続することが難しくなるケースです。

こうした事態になった場合も継続して積立投資が行えるよう、最低限の保障を確保しながら運用を行う視点も大切です。

これから資産運用をスタートされる場合は、是非この3つのポイントを押さえて、最適な投資スタイルを見つけていただければと思います。

「ゆとりの老後」のために

見てきた通り、年金の受給額には個人差があります。また、理想の老後は人それぞれですし、老後に必要となるお金は、家族構成・健康状態など様々な要因によって変わってきます。

ゆとりある老後に向けたお金の準備はできるだけ早くスタートされることをお勧めします。

「今、行動を起こすかどうか」で、ご自身のセカンドライフが大きく変わる可能性があるのです。貯蓄や資産運用のお悩みごとは、気軽に「お金のアドバイザー」に相談してみましょう。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
佐藤 雄基

法政大学経営学部卒業後、大和証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人、法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約11年間従事する。大和証券退職後は、不動産ベンチャーのGA technologiesに入社。一貫して金融業界に携わり、豊富な金融知識を活かし、卓越した営業成績を残す。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。顧客のニーズを的確に判断し、専門的でありながらも、わかりやすいアドバイスが強み。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。