厚生年金と国民年金、年収で受給額はどう変わるのか

年金を少しでも多く受け取るためには 

現在の年金受給開始年齢は基本的に65歳となっていますが、60歳から70歳の間で受給時期を選択することも可能です。65歳より早く受給する場合は「繰り上げ受給」、65歳よりも遅く受給する場合は「繰り下げ受給」といわれ、前者の場合は年金が減額・後者の場合は年金が増額される仕組みをとっています。

繰り下げ受給の場合、その増加率は現行制度では基本的に1ヶ月遅らせるごとに0.7%増額されます。例えば70歳まで繰り下げれば42%の増額となり、6万円の受給額予定だった人は8.52万円まで増額させることが可能なのです。貰える年金額がもともと少ない人にとっては繰り下げ受給が年金額をアップさせることのできる唯一の手段ですので、ぜひ覚えておきたい内容ですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融業界・教育業界でのOLを経て現在は主婦に。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。
探究心強めな性格を活かして、生活に役立つ情報を発信していきます。