厚生年金と国民年金、年収で受給額はどう変わるのか

「自分で年金を作る」制度を活用する

これまで見てきたとおり、年金の受給金額は厚生年金受給者か否か、また厚生年金の場合はその年収の高さや納付月数によって大きく変動してくるということが分かりました。例えば、夫婦共働きで厚生年金を受給することができるのであれば、ある程度余裕のある老後を送ることができるかもしれません。しかしながら夫婦共に国民年金の受給の場合は40年間滞りなく保険料を支払ってきていたとしても、最大で14万円ほどしか受給することができません。夫婦2人で過ごしていく額としては少し心もとない金額といえるでしょう。自分たちは一体年金をいくら受け取ることができるのか、早めのうちからその額を予測し、もし受給金額が少ないと不安になった場合には今から老後資金の準備をしていく必要があります。

もちろん普通預金などで老後の貯蓄をしているという方も多いかと思いますが、「自分で年金を作る」という国の制度を有効的に使うということも一つの手段となります。
例えばそのうちの1つであるiDeCoは節税をしながら将来の年金を準備することができる制度で、2020年9月現在約170万人が加入しています。iDeCoは掛金が全額所得控除対象となり、またその運用益に所得税がかからないなどのメリットがあり、会社員などで所得税などを支払っている人にとってはそれだけでもやる価値のある制度といえるでしょう。

少子高齢化が叫ばれる現代、これから高齢化が大幅に進むと年金の受給額が減額されるという未来も多いに想像ができます。公的年金に頼るだけではなく、「自分で年金を作り老後に備える」ということにも目を向け、いつかやってくる老後の準備を早めからスタートさせておくべきではないでしょうか。

OneMile セミナー

参照

多田 秋

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融業界・教育業界でのOLを経て現在は主婦に。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。
探究心強めな性格を活かして、生活に役立つ情報を発信していきます。