定年前50代、貯蓄は1000万円あれば老後は安心か

生活スタイルの変化は老老介護の必然性を生み出した

2000万円の中に考慮されていない事として、介護リスクへの備えがあります。

生活スタイルの変化により、核家族化が進み、子供や孫と同居するという家庭は少なくなりました。

また未婚率も上がっています。

必然的に夫婦の面倒は夫婦で、もしくは自分の面倒は自分で解決しなければならないということになります。

こういった事情を踏まえ、ここでは老人ホームの費用として必要な金額を全国平均で確認してみます。

「LIFULL介護」によると、「介護付き有料老人ホーム」と、「サービス付き高齢者向け住宅」の相場料金が確認できます。

「介護付き有料老人ホーム」の場合

  • 入居時費用相場:528万円
  • 月額費用相場(入居時費用有):22.3万円
  • 5年間費用の合計:1866万円

「サービス付き高齢者向け住宅」の場合

  • 入居時費用相場:20万円
  • 月額費用相場(入居時費用有):16.2万円
  • 5年間費用の合計:992万円

なぜ5年間となっているのかについては、入居されてから出られるまで(亡くなるまで)の平均的な年数と言われているからです。

また金額が全国平均となっているため、首都圏にとお考えの方はもっと大きな金額として数千万円から億とかなり高額な施設となってしまう点にも注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。