定年前50代、貯蓄は1000万円あれば老後は安心か

老後の貯蓄1000万円の落とし穴

前項で振り返った老後費用ですが、持ち家の方でも介護費用を含めて備えようと思えば、3000万円~4000万円程ですし、賃貸の方であれば3000万円~5600万円程となります。

仮に退職金が入ったとしても、現役時の生活水準をキープしたいと考えると貯蓄1000万円ではすこし足りないということが分かります。

50代のお金の増やし方とは

冒頭で貯蓄の中身をご紹介しましたが、日本人は預金や保険が好きといわれるように貯蓄のほとんどは預金と生命保険でした。

ただ老後目前となる50代の方は、貯蓄とは別に効率的にお金を増やしたいとお考えの方も少なくないでしょう。

ぜひ投資信託や株式を使った資産運用にも取り組んでいただくことをおすすめします。
投資信託であれば国の制度であるつみたてNISAを使うと良いでしょう。

50代から始めても最大で20年つみたて投資が出来ますので、老後も資産運用を続けることが出来ます。
この老後も資産運用をやめずに続けることが50代の方にとってのポイントとなります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。