普通のサラリーマンが40代でセミリタイアするための「3ステップ投資法:節約→株→不動産」を解説!

そしてその1億円で実質利回り3%の収益不動産を購入することができれば、無事に年間300万円の不労所得を生み出すことができるというわけです。

とはいえ、「3000万円だって貯めるのは大変だ!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、3年間で600万を貯蓄し、1400万円を借り入れて、2000万円の収益不動産を購入するというのも1つの手です。

これを5回繰り返せば2000万円の収益不動産が5つ手に入るわけですから、資産1億円を達成することができます。

3年で600万円を貯金するというのであれば非現実的な話ではないと思いますし、これを5回繰り返すわけですから、単純計算で15年あればセミリタイアを実現させることが可能になります。

もちろん、収益不動産から得られる家賃収入を再投資していくということを考えれば、だいたい10年もあれば資産1億円を達成することができると思います。

このように、貯金→金融投資→不動産投資という順序であれば、遅くとも15年でFIREすることができるということになります。

まとめ

以上、普通のサラリーマンであっても節約をして資産運用をして不動産投資をしていけば、誰でもFIREが可能だということをご理解いただけたと思います。

しかし、

  • 具体的にどのように節約をすれば良いのか?
  • 不動産投資のための種銭を貯めるために、どのような金融投資をすれば良いのか?
  • そもそも収益不動産をどのように買えば良いのか? どんな不動産を買うべきなのか?

このような疑問を思い浮かべる方も多いと思います。

そんな方々のために、YouTube「ウラケン不動産」(55,000人登録)では不動産投資や金融、経済、起業などに関する情報を惜しみなく公開しています。

本記事をご覧になって「FIREを目指したくなった!」「不動産投資に興味を持った!」という方は、ぜひYouTubeで「ウラケン不動産」と検索してください。

【参考】ウラケン不動産

浦田 健

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。
2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。
2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。
ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2020年8月現在登録者55,000人)。