普通のサラリーマンが40代でセミリタイアするための「3ステップ投資法:節約→株→不動産」を解説!

あなたは「FIRE」という単語をご存知ですか?

FIREとは近年アメリカで流行している概念で、生活費の節約と収入の多様化、投資を活用することで、できるだけ若いうちにフルタイムの仕事をリタイアして、自分が心から望んでいる人生を送ろうというライフスタイルのことを指します。

Financial IndependenceとRetire Earlyの頭文字からFIREと呼ばれており、日本でも『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』などをはじめとして、FIRE関連の書籍が多数出版されています。

続きを読む

日本全体にFIREという概念が浸透しているかと言われればまだだとは思いますが、9時~18時のフルタイム労働を卒業し、自由なライフスタイルを若いうちに謳歌したい!と考える人はこれからどんどん増えてくるはずです。それに伴って、日本でも“FIREムーヴメント”が到来する時代も近いのではないかと思います。

そこで本稿では、どのようにすれば40歳までにセミリタイアができるのか? 20代、30代をどのように過ごせば良いのか?について、具体的な戦略をお伝えしていきたいと思います。

そもそもセミリタイアとはどのような状態のことを指すのか?

まずは、大前提として「セミリタイア」とはどのような状態のことを指すのか?について解説していきたいと思います。

セミリタイアのイメージとしては、下記5点が挙げられます。

1. お金の不安がない
2. 嫌な仕事から開放される
3. 好きな時に休める
4. 住むところが自由に選べる
5. 毎日好きなことだけをして過ごす

以下、この5点について1つずつ見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。
2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。
2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。
ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2020年8月現在登録者55,000人)。