コロナ不況はリーマンショックより対応が困難。V字回復はあり得るか?

そうした時の政府の対応として、ぜひとも頑張ってほしいのは、倒産と失業の増加を食い止めることです。苦境に立たされている企業に資金繰りを付けることと、雇用調整助成金等の拡充により解雇を思いとどまるように促すことが重要です。

将来需要が戻った時に倒産してしまった企業は戻れませんが、倒産寸前で持ちこたえた企業は再び元気になるでしょうから、その境界線を越えずに済むように支援をお願いしたいのです。全国民に広く浅く現金を配布するよりも、遥かに効果的な財政支出だと思います。

回復は迅速と期待

悪い話ばかりではありません。今次不況は急激に需要が落ち込みましたが、新型コロナの収束宣言が出たら迅速に需要が戻ると期待しています。

金がないから消費しない、というわけではなく、金はあって消費したいのに外出できない、というのが現状ですから、収束宣言が出れば直ちに押さえ込まれていた需要が顕在化するはずです。

設備投資も、消費が戻れば戻るでしょう。収束宣言が出れば、先行きの不確実性も和らぐでしょうから。

リーマンショックの時には、銀行の貸し渋りに懲りてトラウマになった企業が「借金をして設備投資をする」ことに抵抗を感じたようですが、今回は特に銀行の貸し渋りも生じていないようなので、企業のトラウマが悪影響を及ぼすこともなさそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介