子育て費用は幼稚園から大学まで総額で平均いくら必要か

子どもが全部公立でも大学卒業までに約2500万円必要?!

ちなみに、「学校納付金等」とは、以下の内容を含みます。

  • 入学金
  • 検定料
  • 私立学校における施設整備資金
  • 学級費
  • PTA会費

私立の小学校ですと、学校納付金等が費用全体の約25%(合計90万4164円のうち、23万1425円)を占め、全体の総額を押し上げているのです。

お金がかかるべき時期は公立か私立で違うのに注意

さらに注目すべきは、「学校外活動費」です。その中でも「補助学習費」と「その他の学校活動費」の合計が特徴的です。これらは学習塾などの費用が含まれます。

これらの費用の特徴として最もお金がかかる時期がことなります。幼稚園から高校までの就学期間で、一番お金がかかるのはいつでしょうか。

公立の場合だと、中学3年生の時。また、私立では小学校6年生の時で。つまり、公立と私立では学校に支払うお金のピークが異なっているのです。

多額の教育費用がかかるのは大学からか

大学に進学すると教育費は更にかかります。文系と理系でも異なりますし、医薬歯系大学に進学する場合は、6年間通う必要がありますので、その分、費用がかかります。

京都大学が掲載している文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」をみていくと、国立大学では初年度納入金額は817,800円(授業料年額535,800円、入学料282,000円)

また、文部科学省「私立大学等の平成30年度入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果について」によれば、私立大学の初年度納入金額は全学部平均で1,336,033円(となります。

「私立大学は国立大学よりもお金がかかる」という印象がある方は多いかと思いますが、ここまで見てきた文部科学省のデータを見ても、そのイメージは正しいということになります。

たとえば、私立大学で慶應義塾大学の授業料について,慶應義塾大学「【学部】学費」を参考にしながら、みてみましょう。

慶應義塾大学の「看板学部」といわれる経済学部の初年度の必要な費用を見てみましょう。

  • 入学金:20万円
  • 在籍基本料:6万円
  • 授業料:88万円
  • 施設設備費:20万円
  • その他費用:8350円

【経済学部初年度合計金額】134万8350円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
土屋 史恵
  • 土屋 史恵
  • ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用

神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。