子育て費用は幼稚園から大学まで総額で平均いくら必要か

子どもが全部公立でも大学卒業までに約2500万円必要?!

NadyaEugene/Shutterstock.com

4月になり、新学期が始まりました。子育て世代にとって、お金に関する問題はいつも悩みの種。いつの時代も子育てには何かとお金がかかります。

子育て費用の準備は万全と思っていても、予想外の出費が発生することも多いのが特徴です。こども大きくなってから貯蓄をスタートしても、いざという時に間に合わなければ意味がありません。

今回は、幼稚園から大学までの子育て費用はいくら必要なのか、また進路次第でどのようにその費用が変わるのかを、文部科学省が開示するデータなどをもとに見ていきます。その際の注意すべき、見落としがちなポイントも交えてお伝えします。

続きを読む

子育て費用には何が含まれるのか

子育て費用は大きく分けて2つあります。それは子どもを育てるのにかかる「養育費」と、子どもが勉強するために必要な「教育費(学習費)」です。

当たり前だと思うかもしれませんが、子育て費用は以下の関係にあるということで今回は話を進めていきます。

子育て費用=養育費+教育費(学習費)

非常にシンプルな等式ですが、これが分かりやすい整理かと思います。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

養育費は22年間でいくらかかるのか

「養育費」についてですが、これは世帯ごとに差が出る領域です。一概に分析はしにくいですが、非常に興味深いデータがあります。

首相官邸「第9回 教育再生懇談会」にある、2005年のAIU保険会社「現代子育て経済考」では、22年間の養育費を約1640万円と見積もっています。

  • 出産・育児費用:約91万円
  • 22年間の食費:約671万円
  • 22年間の衣料費:約141万円
  • 22年間の保険医療・理美容費:約193万円
  • 22年間のおこづかい額:約451万円
  • 子どもの私的所有物代:約93万円

【22年間の基本的養育費合計】約1640万円

今回見てきたデータは2005年のものですので、すでに15年近く時が過ぎています。したがって、その後、さらに必要な養育費が増えているということもあるでしょう。

ただ、子どもを産む前から、子どもが大学を卒業する前までには、「養育費」として、2000万円には届かないまでもそれに近い額が必要になりこともあるというのを頭に入れておいてください。

結構かかる!学年別に必要な教育費

「養育費」についてはここまで見てきたとおりですが、では、幼稚園から高校までいったい「教育費」は平均でいくらかかるのでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。