子育て費用は幼稚園から大学まで総額で平均いくら必要か

子どもが全部公立でも大学卒業までに約2500万円必要?!

ケース1:幼稚園から高校まですべて公立+大学は国立

このケースが教育費用・学費という面では親孝行のパターンといえるでしょう。文部科学省の資料をもとに、幼稚園から高校3年までの15年間と国立大学4年間の学習費用の合計でまとめてみます。

国立大学については、4年間の授業料と入学金の合計である242万5200円を前提に計算してみましょう。

  • 幼稚園(公立):65万円
  • 小学校(公立):193万円
  • 中学校(公立):146万円
  • 高校(公立):137万円
  • 大学(国立):242万円

【ケース1合計】783万円

大学卒業まで約800万円でまかなえることになります。つまり、子供が大学を卒業するまでに必要な費用はざっくり800万円程度ということになります。

もっとも、大学進学先が親元を離れる場合には、そのために必要な賃料などが別途かかるということは念頭に入れておいてもよいでしょう。

つづいて、ケース2についてみていきましょう。

ケース2:幼稚園から高校、大学(文系)まですべて私立

ここでは、幼稚園から大学まですべて私立のケースです。

  • 幼稚園(私立):158万円
  • 小学校(私立):959万円
  • 中学校(私立):422万円
  • 高校(私立):290万円
  • 大学(私立文系):495万円

【ケース2合計】2325万円

このように、全部公立に通わせると約800万円弱、全部私立に通うと、文理系を問わず2000万円超、医薬歯系ですと、なんと4000万円を超える結果となりました。

先ほども触れましたが、こちらの費用には大学の教材費、また仕送り等の費用は入っていませんので、実際には少し多めの費用を用意しておいた方がよさそうです。

慌てないで!幼児教育や高等教育の無償化が拡充されています!

現在、未就学児や高校生を養育されている方は、既にご存知かと思いますが、昨年の10月より幼児教育の無償化、また本年度から高等教育の無償化が拡充されています。

幼児教育の無償化に関しては、自治体によって給付方法が異なりますが、いずれにせよ、保護者の負担が大幅に減額されています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
土屋 史恵
  • 土屋 史恵
  • ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用

神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。