投資信託選びで間違わないための人気ランキングの正しい使い方

copy URL

「トラッキングエラー」とは、ファンドのリターンとベンチマークとの乖離の大きさを表したものです。アクティブファンドの資金の出し手(年金など)がファンドのリスク管理を行う際にも使用します。

たとえば、「ファンドの運用はトラッキングエラーで何%程度の範囲で運用してください」というような指示となります。

また、トラッキングエラーはインデックスファンドの場合にもベンチマークとの連動性の高さを評価する際にも使われます。

ただし、残念ながら個人投資家向けにトラッキングエラーがインデックスファンドの評価として使用されるシーンはあまり見たことがなく、本当に良いインデックスファンドの評価軸となるのには今後に期待が残ります。

また、インフォメーションレシオとはベンチマークに対する超過リターンをトラッキングエラーで割った指標です。ファンドマネージャーのベンチマークに対する運用能力を評価する際に使用します。

個人投資家が選ぶ投資信託ランキングとは

実際に投資信託を購入し、ブログを書いている「投信ブロガー」が支持しているファンドがわかるのが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」です。

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、ランキング化したものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。