「幼稚園・保育園の無償化」対象や上限額について知りたい!

~申請方法も確認を~

0~2歳児クラス:住民税非課税世帯は無料

  • 保育所等を利用する最年長の子供を第1子とカウントし、第2子は半額、第3子以降は無料
  • ただし、年収360万円未満相当世帯は、第1子の年齢は問わない
  • 企業主導型保育事業については、これまでの利用料から年齢に応じた一定の金額を減額

幼稚園の預かり保育

3~5歳児クラス:最大月額1万1,300円まで無償
  ※幼稚園の「預かり保育」部分のみが対象。

  • 幼稚園の利用に加え、月内の預かり保育利用日数に450円を乗じた額と、預かり保育の利用料を比較し、小さい方が月額1万1,300円まで無償
  • 無償化の対象となるためには、「保育の必要性の認定(※2)」を受ける必要があり、その際、就労等の要件を満たすことが必要

(※2)「保育の必要性の認定」について
  保護者の就労、妊娠・出産などの理由で「保育を必要とする」状態であることを、居住する市町村から認定される必要があります。認定要件については、居住する市町村に確認しましょう。「幼児教育・保育の無償化概要」内閣府を参考)

認可外保育施設

対象施設:一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育施設、ベビーシッター、認可外の事業所内保育等、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業
3~5歳児クラス:月額3万7,000円まで無償

0~2歳児クラス:住民税非課税世帯が対象。月額4万2,000円まで無償

  • 保育の必要性の認定(※2)」が必要
  • 保育所、認定こども園等を利用できていない人が対象
  • 都道府県に届出し国が定める基準を満たす認可外保育施設のみ                       (ただし、基準を満たしていない場合でも5年間の猶予期間あり)

就学前の障害児の発達支援を利用する子どもたち

対象施設: 児童発達支援・医療型児童発達支援・居宅訪問型児童発達支援・保育所等訪問支援・福祉型障害児入所施設・医療型障害児入所施設

  • 満3歳になって初めての4月1日から小学校入学までの3年間
  • 幼稚園、保育所、認定こども園等と併用する場合は、両方とも無料
  • 利用料以外の費用(医療費、食材料費等)は保護者負担

次の図をご覧いただくとイメージしやすいかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

早稲田大学第一文学部卒。編集プロダクションで編集・校閲の経験を積みフリーランスに。尊敬する人物は伊能忠敬・羽生善治。