チョコの豪華さで友情確認!?女子中学生の「バレンタイン事情」

これからも変わっていくであろうバレンタイン

筆者が中学生の頃と今では、バレンタインの意味合いが変わってきています。とてもフランクになったというか、重要度が下がってきていると筆者は感じています。

男子にはあげずに女子同士でチョコを贈り合うのはもちろんですが、男子が自分でチョコを買うこともありますよね。この時期にしか買えないおしゃれで美味しいチョコが目白押しですから、スイーツ男子にとってもウキウキするタイミングなのでしょう。

バレンタインの目的の1つは、この時期にしか買えない美味しいチョコを買うことになっているというのも理解できます。そして恋愛よりも友情の確認をする女子中学生を見ると、同性同士の繋がりが女子中学生にとって優先事項だとわかります。このような女子の気持ちの変化に影響を受けるバレンタイン。今後はどういう意味合いを持ってくるのか楽しみですね。

川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。
現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、
ユーザーとして出品や購入の経験を積む。
家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。
高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。