30代の独身世帯と二人以上世帯の平均貯蓄額の差はいくらあるのか

老後に向けの資産形成を始める最適な年代

Africa Studio/Shutterstock.com

独身である30代と夫婦では平均貯蓄額とではいくらの差があるのでしょうか。今回は単身世帯と二人以上世帯で貯蓄金額にはどのくらいの差があるのかを公開データをもとにみていきます。

公開データに見る30代の貯蓄状況とは

30代の単身世帯と二人以上世帯では貯蓄でどの程度の差があるのでしょうか。

平成30年調査の知るぽると(金融広報中央委員会 事務局 日本銀行情報サービス局内)「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」及び「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」の調査結果をもとに考えてみましょう。

続きを読む

30代の単身世帯の貯蓄状況

まず、30代の単身世帯の貯蓄状況について見ていきましょう。

30代の単身世帯で金融資産を持たない世帯を含む調査結果では、貯蓄の平均が317万円、中央値が40万円となっています。

この中には「金融資産を保有しない世帯」が39.7%含まれており、その金融資産を保有しない世帯を除いた調査では平均が533万円、中央値が250万円となっています。

30代の二人以上世帯の貯蓄状況

では、夫婦世帯などが含まれる二人以上世帯ではどうでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。