私がマイホームの方が不動産投資より怖いと思う5つの理由

一般的に不動産投資は怖いと思われていますが、マイホームの購入はそう思われていません。私が、実はマイホームの購入の方が怖いと思う理由を5つ挙げ、なぜ人は住宅ローンを組んでマイホームを購入することを怖いと感じないのか、考えてみます。

不動産投資は怖い?

唐突ですが、私は個人的に何千万円も借入をして1棟10室の賃貸アパートに投資をしています。人からは「よくそんなリスクを取るね」と言われるのですが、私に言わせると世間一般の人が平気でやっているような、住宅ローンを組んでマイホームを買うことの方がよほど怖いと思うのです。

続きを読む

以下、私が不動産投資(の借入)よりマイホーム(の住宅ローン)が怖いと思う理由を5つ、列挙します。

1. キャッシュフローを生まない

当たり前ですが、賃貸不動産と違ってマイホームはキャッシュフローを生みません。そこに住むことによって「消費」してしまうので、キャッシュフローは常にマイナスです。35年ローンであれば35年後まで働いていて、今以上の十分な収入があることが前提になっているのです。なんと恐ろしい、信じられません。

不動産投資であれば借入を返すための原資は基本的にはその物件から入ってくる賃料であり、万一空室などで原資が不足した場合に給料から払いますが、マイホームの場合は最初から給料が返済原資です。給料がなくなった場合のバックアップはありません。物件を売って全額返せれば良いですが、最悪の場合は破産です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
安田 修
  • 安田 修
  • フラスコ代表、㈱シナジーブレイン代表取締役

コミュニティ・プラットフォーム『信用の器 フラスコ』代表。オンラインサロン『人生計画研究会』など多数のコミュニティの立ち上げ、運営に関与。
「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」をミッションとして活動。