バイオ技術者はどこで働いているのか。給料や将来性は?

バイオテクノロジーは人類の歴史と共にある

バイオテクノロジーとは、生物が本来持っている能力、機能を利用して、人びとの暮らしに役立てる技術のことです。

人類は遥か昔から経験的な知恵を重ね、生物の力を生活に役立ててきました。たとえば、発酵食品や薬草を利用した薬、植物のかけ合わせによる地道な品種改良など、昔ながらのバイオテクノロジーは「オールドバイオ」と呼ばれています。

1970年代に入ると、細胞融合技術や遺伝子組換え技術といった革新的な技術がつぎつぎと登場し、バイオテクノロジーは急速に広がりました。最近では、バイオテクノロジーといえば、20世紀以降に実用化した「ニューバイオ」と呼ばれる技術を指すことがほとんどです。

続きを読む

では、バイオテクノロジーは現在、どのような産業分野で活用されているのでしょうか。

バイオ技術者が活躍する産業分野とは

バイオテクノロジーの応用分野は、大きく以下の4つに分類することができます。

1. 医療・ヘルスケア

生命科学研究の躍進により、医療のあり方も変わろうとしています。より一人ひとりの体質や症状に合わせた「オーダーメイド医療」の実現へ向けた動きが加速しています。特に再生医療の分野は大きな注目を集めており、iPS細胞やES細胞を中心に、実用化を見据えた研究が行われています。

また、診断技術の進歩にも著しいものがあります。たとえば、尿や血液からがんのリスクを調べるなど、特定の病気へのかかりやすさ、薬の副作用などを予測する技術なども登場しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。