財政赤字は巨額でも、日本の財政は破綻しない

国債暴落は財政再建のチャンス?

日本政府は、毎年巨額の財政赤字を計上していて、毎年の借金が積み上がっているので借金総額が1000兆円を超えています。「このままでは日本政府は将来破産してしまう」と考える人も多いようですが、筆者は楽観的です。その根拠について記していきます。

最後の手段があるので破産は絶対にあり得ない

日本政府の借金は、円建てです。したがって、最後の最後は日銀に紙幣を印刷させて借金を返済することが可能です。

そんなことをしたらハイパーインフレ(超インフレ)になってしまう可能性が高いので、禁じ手とされていますが、外国から外貨で借金をしているのとは異なるわけです。ハイパーインフレを防ぐために預金準備率を極端に高くするという乱暴な手段も採り得ますし。

続きを読む

もっとも、そこまでしなくても、日本政府が日本人から借りているのですから、最後は増税すれば返済できるでしょう。「増税は政治的に困難だ」と言う人がいますが、「増税しないと日本政府が破産する」という状況になれば、国民も納得するでしょうし、そうなる前にも増税が行われる可能性は高いと思います。

労働力不足時代には増税が容易になるはず

消費税増税が延期されました。これは、政治家の人気取りではありません。何と言っても旧民主党を含めた三党合意があるのですから。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介