「年収」は生活の余裕をはかる一つの基準といえるでしょう。今回は、一般的に「中流」のイメージを持つ方もいる「年収600万円世帯」のきになるお金の実情をみていきます。

【年収600万円世帯】平均貯蓄は約1200万円に

ここからは、年収600万円世帯のお金事情をみていきましょう。

まず、総務省発表の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果(二人以上の世帯)」から、年収600万円台の勤労世帯の平均貯蓄額と、その中身をみていきます。

「年収600万円~650万円」世帯の貯蓄額

平均貯蓄額:1209万円

通貨性預貯金:412万円
定期性預貯金:376万円
生命保険:263万円
有価証券:126万円
金融機関外:32万円

「年収650万円~700万円」世帯の貯蓄額

平均貯蓄額:1229万円

通貨性預貯金:405万円
定期性預貯金:316万円
生命保険:330万円
有価証券:140万円
金融機関外:37万円

年収600万円世帯は、平均1200万円ほどの貯蓄をしているようです。主に預貯金を中心に貯蓄を進めていることがわかります。

また、この調査では「世帯主の配偶者のうち女性の有業率が約5割」つまり共働きの割合が半分程度になっています。共働きで年収600万円を目指す方法もあるといえそうです。