若い世代ではFIRE(経済的自立・早期リタイア)が流行する一方で、いまは定年後の60代でも働く方が多い印象ではないでしょうか。

60代になってもはつらつと働かれている原動力はなんでしょうか? もしかしたら健康面や貯蓄状況も関係するかもしれません。

そこで本日は、FPの私より働く60代の貯蓄事情と労働の関係性についてお話をしたいと思います。

【関連記事】「国民年金と厚生年金」夫婦世帯とシングル世帯のひと月の平均額は?

続きを読む

60代「働く世帯」と「無職世帯」その割合は?

まずは総務省統計局の家計調査 貯蓄・負債編―二人以上の世帯―(2020年)」の第8-10表から、「働く世帯」と「無職世帯」の世帯数分布(1万分比)を確認していきましょう。

※ここでは「60歳以上の者がいる世帯」を1万世帯と定義します。

世帯主が60歳以上:9168世帯

<内訳>

  • 無職世帯:5775世帯
  • 無職世帯を除く勤労者以外の世帯:1220世帯
  • 勤労者世帯:2173世帯

世帯主が65歳以上:7446世帯

<内訳>

  • 無職世帯:5473世帯
  • 無職世帯を除く勤労者以外の世帯:947世帯
  • 勤労者世帯:1026世帯

70歳以上も参考まで眺めたいと思います。

世帯主が70歳以上:5469世帯

<内訳>

  • 無職世帯:4405世帯
  • 有業世帯:1064世帯

世帯主が75歳以上:3220世帯

<内訳>

  • 無職世帯:2838世帯
  • 有業世帯:382世帯

上記のデータを元に、世帯主の年齢別の無職世帯の割合を出した結果がこちら。

【世帯別】無職世帯の割合

  • 世帯主が60歳以上の世帯:63.0%
  • 世帯主が65歳以上の世帯:73.5%
  • 世帯主が70歳以上の世帯:80.5%
  • 世帯主が75歳以上の世帯:88.1%

※小数点2桁以下は四捨五入。

60歳以上で見れば、無職世帯は約6割強と半分以上。65歳以降になるとどんどん増え、70歳以上になるとおよそ8割を占めます。