「老後資金に向けて、そろそろ何か準備をしたほうがいいのかな」と悩んでいませんか。30~40代の働く世代の方にとって、老後資金はつい後回しになってしまいがちですよね。

2019年には年金以外に2000万円必要と話題になりましたが、今の働く世代は年金のみでは生活できない可能性が高まっています。人生100年時代の今、65歳から老後と考えると、老後は約35年間。35年間もの生活費を準備するのですから、早い内から準備をはじめたほうが良いでしょう。

続きを読む

では実際に、今のシニア世代はどれくらい年金を受給しているのでしょうか。夫婦世帯とシングル世帯に分けて見ていきましょう。

【関連記事】まだ遅くない?40歳からつみたてNISAで老後資金を作るには

国民年金のひと月の受給額は?

日本の年金は2階建てといわれています。

1階部分の国民年金は自営業や専業主婦の方などが、上乗せである2階部分は会社員や公務員などが受給します。

それではまず、国民年金の受給額について、厚生労働省年金局の「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」を参考に見ていきましょう。

国民年金 男女別年金月額階級別老齢年金受給権者数
〈男子〉平均年金月額:5万8866円
~1万円未満:1万2693人・1万円~2万円未満:6万803人・2万円~3万円未満:22万1983人
3万円~4万円未満:70万6206人・4万円~5万円未満:134万5582人・5万円~6万円未満:312万4529人
6万円~7万円未満:849万4551人・7万円以上:38万1323人
〈女子〉平均年金月額:5万3699円
~1万円未満:6万6247人・1万円~2万円未満:24万4695人・2万円~3万円未満:74万63人
3万円~4万円未満:226万4161人・4万円~5万円未満:336万406人・5万円~6万円未満:454万1337人
6万円~7万円未満:598万7227人・7万円以上:144万306人

20歳以上60歳未満の方が原則加入する国民年金は、男女差もあまりなく約5万円ほどです。