【男性向けも】AI・IoT活用のパーソナライズスキンケア市場を狙う企業は?

copy URL

D2Cでは男性向けパーソナライズ化粧品も

スキンケア商品を扱う中規模程度のD2C(消費者直接取引)企業でも、AIによる肌分析は活発です。たとえば、Sparty(スパーティー)の自社ブランド「HOTARU」は、オンライン上のカウンセリング・肌診断により、それぞれの個性や悩みに沿ったパーソナライズ商品を提案しています。

オンライン上で22の質問に回答して顔写真を撮影すると、100万人以上のデータから肌質や生活習慣などをもとにAIが肌の状態を分析・診断してカルテを作成。その人に合うようにパーソナライズされた化粧水と美容乳液を選び、名前入りのカウンセリングカードを付けて毎月届ける定期購入モデルを展開しています。

また、木村拓哉さんを起用したスキンケア商品のテレビCMで知名度が上がった男性用コスメのバルクオムも、ユーチューブ上でフローチャートを使った肌のチェックや診断を行い、肌質ごとのスキンケア方法を提案。さらに、自社サイトでは個人に合ったメイク化粧品を提案する無料サービスを実施しています。

ネット上での質問に回答し顔写真をアップすれば自分の肌色の特徴がわかるサービスで、その情報をもとにAIが肌の特徴を診断。コンシーラーやアイブロウなどメンズ用メイク商品の中から、各ユーザーに適したカラーを選んでくれます。

その人に合うように提案された商品セットは、そのままサイトで購入できます。店舗でメイク化粧品を選んだりスタッフに相談したりということに抵抗感がある男性の悩み解消につながることから、そうしたユーザーのニーズも見込んでいます。

まとめ

長引くコロナ禍のせいで化粧品の対面カウンセリング販売が縮小する中、AIなどのデジタル技術を活用し顧客へのアプローチを図る動きは今後も進みそうです。

パーソナライズ商品は化粧品だけでなく、シャンプーやサプリメント、健康食などでも注目を浴びており、多くのD2C企業が先行して攻勢をかけています。今後は大手企業においても、最先端技術を取り入れたパーソナルサービスが活発化するのではないでしょうか。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

パーソナライズスキンケアサービス『cocktail graphy(カクテルグラフィー)』(オルビス株式会社)
肌に触れずにカウンセリング「AIパーソナル肌分析」サービスを開始(株式会社ファンケル)
HOTARU公式サイト(株式会社Sparty)
バルクオム公式サイト(株式会社バルクオム)

通販研究所・渡辺 友絵

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡辺 友絵

長年にわたり流通系専門紙編集部において取材や執筆、編集業務に従事し、通信販売・ネット通販専門紙の編集長を務める。官庁や各種業界団体、大手企業への取材を経験し、業界知識を生かしてビジネス系著書の発行、テレビ・ラジオ経済番組への出演、公演活動などを手がけた。その後、業界の人材育成を目指し、通信販売やネット通販にかかわる検定試験を行う一般社団法人を設立して代表理事に就任。テキストの執筆・編集、試験やセミナーの企画・運営などに従事した。現在はフリーのライター・編集者として、小売、EC、通販、金融、法律、教育、ジェンダーなどの記事をさまざまな紙媒体やWEB媒体に執筆している。現在、一般社団法人 ECネットワーク研究員、公益社団法人 日本印刷技術協会客員研究員、日本ダイレクトマーケティング学会 正会員・法務研究部会幹事。著書:『通販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本』(秀和システム)ブログ:「通販研究所