公務員の退職金「1000万円~2000万円組」どれくらいいるか

まとめにかえて

国家公務員であれば、まとまった退職金を受け取れるので安心かというと、そうとも言い切れないようです。

世帯によって必要とする資金が異なるので、当然と言えば当然かもしれません。これは公務員に限らず、会社員も同様です。

老後に必要な資金の計算をしっかりとした上で、資産運用などを行い、必要な金額を準備することができれば安心して老後を迎えることができます。

退職金の有無に関わらず、一度老後に必要な資金の計算をした上で、確実な準備をしていくことをおすすめします。

老後に必要な資金の計算を一人でするのは難しいかと思います。お金のアドバイザーに無料で相談できるサービスもありますから、活用するのもいいですね。

マネイロセミナー

参考資料

熊谷 良子「国家公務員の退職金「2000万円超」は何割いるのか」(LIMO)
熊谷 良子「国家公務員の退職金「2000万円超」はどれ程いるか」(LIMO)
内閣官房「退職手当の支給状況(令和元年度退職者)」
マネイロ「資産運用はじめてガイド」
 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。