定年前後「50代~70代」ホントの貯蓄額はどう動く

Subbotina Anna/shutterstock.com

2021年4月、改正高年齢者雇用安定法のスタートにより、「70歳までの就業機会確保」が各企業の努力義務となります。

さらに、2022年4月からは年金改正法の施行により、老齢年金を受け取り始める年齢の上限が70歳から75歳にまで引き上げられます(現行は70歳まで)。

多様化する60代以降のライフスタイルは、今後さらに個人差が出ていくことが考えられますね。

さて「働き続ける」「セカンドライフを楽しむ」いずれの道を選んだ場合も、私たちの多くは、60代を境にガラッと生活環境が変わる、ということは確かでしょう。

続きを読む

長寿時代を安心して過ごすためには、健康、そしてお金がとても大切です。

今回は、『定年前後「50代~70代」ホントの貯蓄額はどう動く』と題し、還暦前後のお金事情、とりわけ50代、60代、70代以上の「純貯蓄額」にフォーカスしていきます。

50代~70代以上「貯蓄額」はどう動く?

さいしょに、金融広報中央委員会が公表した最新版「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」から、世代別の貯蓄がどのくらいかみていきましょう。参考として「全世代」と、「40歳代」の金額も併記します。

世代別「金融資産保有額」(金融資産非保有世帯も含む)

(参考)全世代・・・平均1436万円:中央値650万円
(参考)40歳代・・・平均1012万円:中央値520万円

50歳代・・・平均1684万円:中央値800万円
60歳代・・・平均1745万円:中央値875万円
70歳以上・・・平均1786万円:中央値1000万円

「平均」と「中央値」

中央値は数値を小さい順、あるいは大きい順に並べた時、真ん中に位置する数値を表します。

平均は、もちろん参考となる値ですが、一部の極端に大きい値に左右されるため、実感とかけはなれた数値になってしまうことがあります。よって、中央値の方が実勢により近い数値といえます。

次では貯蓄とセットで考える必要がある「負債(借入額)」についても、世代ごとに整理していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。