定年前後「50代~70代」ホントの貯蓄額はどう動く

さいごに

今回は、『定年前後「50代~70代」ホントの貯蓄額はどう動く』と題して、各世代の貯蓄額・負債額・そして純貯蓄額をながめました。

40代以前は「目前の出費」に追われ、貯蓄どころではない・・・という世帯も多いかと思います。

収入がピークを迎え、住宅ローンや教育費が一段落ついた50代以降、貯蓄のピッチをあげて定年退職後の「老後資金」を準備していこう、と考えている人も多いでしょう。

とはいえ、資産運用は、一般的に、時間を掛けて長く運用するほどリスクが軽減し、リターンが安定する傾向があるといわれています。

ゆとりある老後生活のためのお金の準備は、30代、40代といった、できるだけ若い頃からスタートされることをおすすめします。

「金融商品ってたくさんありすぎて自分では選べそうにない・・・」「そもそもお金の相談って誰にしていいのか分からない・・・」

そんなお悩みがある人は、資産運用のプロのアドバイスを受けながら取り組んでいかれると心強いかもしれません。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。