定年前後「50代~70代」ホントの貯蓄額はどう動く

50代~70代以上「ほんとうの貯蓄額」はどう動く?

さいごに、各世代の「金融資産保有額」から「借入額」を差し引いた、「純貯蓄額」、つまり、ほんとうの貯蓄額の平均をみていきます。

(参考)全世代平均・・・1436万円―671万円=765万円
(参考)40歳代・・・平均1012万円―1325万円=マイナス313万円

50歳代・・・平均1684万円―729万円=955万円
60歳代・・・平均1745万円―205万円=1540万円
70歳以上・・・平均1786万円―187万円=1599万円

参考として記載した40歳代は、住宅ローンや子どもの教育費といった支出に追われる人が多い世代。そんな背景から「貯蓄<負債」の状態ですね。純貯蓄額(ほんとうの貯蓄額)の平均は「マイナス」になるわけです。

そして、50歳代になると、「貯蓄>負債」の状態となり、純貯蓄額(ほんとうの貯蓄額)はプラスに転じています。
50歳代は、収入がピークを迎え、住宅ローン返済や教育費の捻出も一段落、といった人が増える時期。それにともない、貯蓄の成果の実感がようやく湧いてくる時期、ともいえそうですね。

60歳代以降になると、定年退職金などでまとまった収入を得たり、住宅ローンの返済が終わる人も増えたりすることから、純貯蓄額の平均は1000万円以上を維持できていますね。

70歳以上については、既に貯蓄の切り崩しのフェーズに入っている人も多いと考えられる世代です。しかし、純貯蓄額は60歳代から70歳以上にかけて、微増こそすれ、減ってはいない状態です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。