「自分亡き後」ヨメさんの年金はどうなるか

まとめにかえて

総務省統計局の「2019年(令和元年)平均結果の概要」では、単身世帯(平均年齢59.0歳)の消費支出額は16万4000円と示されています。

仮に旦那様に先立たれた場合、この目安となる生活費を奥様1人でやりくりしていく必要があるわけです。

年金受給額や貯蓄状況を把握する、長く働くためのスキルを身に付ける、健康維持に努める、など、できる部分から早めに備えておきたいものですね。

あなたの亡き後ご家族が受給できる遺族年金は、加入していた年金制度や家族構成などによって異なります。とはいえ、現役時代に「しっかり年金保険料を納めていた人」のご家族である、という点は共通である、ということは頭に入れておきましょう。

また、お金の心配事は親しい友人でも聞きにくいもの。ご夫婦にピッタリのマネープランを見つけるきっかけとして、資産運用のプロのアドバイスを受けてみる、という方法もおススメです。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。