あなたの飲んでいるビールは「グリーン電力でつくられている」って知ってますか?

グリーン電力証書とは

「グリーンエネルギー(GE)マーク」とは、2008年「グリーンエネルギー認証センター」が 制定したマークで、使用する電力をグリーン電力で賄ったことを示すものです。ちなみにアサヒビールでは2009年から、この取り組みを開始しており、そのグリーン電力は日本自然エネルギー株式会社の「グリーン電力証書システム」 を通じて実現されています。

「グリーン電力証書」とは、一言でいうと再生可能エネルギーにより発電された電気を「電気そのものの価値」と「環境付加価値(化石燃料の節減やCO2排出抑制等の付加価値)」のふたつに概念的に分離し、「環境付加価値」を第三者認証機関の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で証券化して取引する仕組みです。いわゆる「カーボン・オフセット」と呼ばれる手法のひとつです。

当たり前のことですが、電線を流れている電気は、再生可能エネルギー由来のものも、石炭火力発電や原子力発電由来のものも全て混ざっています。

スーパードライもそのような電気を使用して製造されていますが、スーパードライ製造に要した全電力量を算出したうえで、その分のグリーン電力証書を購入し、グリーン電力で製造したと「見なす」わけです。つまり「環境付加価値」を元の場所から違う場所へ転移させるということです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)