あなたの飲んでいるビールは「グリーン電力でつくられている」って知ってますか?

さまざまな分野で使われているグリーン電力証書

グリーン電力証書はさまざまな分野で活用されています。

スーパードライのような製造分野の他に、建物全体の使用電力をグリーン電力とするもの。ひとつのイベントの運営をまるごとグリーン電力とするもの。少し変わった事例としてはCSR報告書といった印刷物に使用する例もあります。これは大手印刷会社がグリーン電力証書をまとめて購入し、印刷に使用する電力にグリーン電力証書を割り当てるスキームが主流です。

日本ではカーボン・オフセットに関して「自分が削減しないで、他人の削減分を金で買うのか」という否定的な意見もあります。しかし、グリーン電力証書でいえば、その購入費用は、証書発行事業者を通じて発電設備の維持・拡大などに利用されているのも事実です。

もう少し大きな視点では、これからの環境政策には市場メカニズムを、どう活用するかが課題となります。たとえば海外では、CO2排出量削減の取り組みや成果を公開し、優良企業への投資を促進する「CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト) 」などが以前から注目を集めています。

日本が環境先進国へと舵を切るならば、そういう視点も重要になってくると思われます。世界的な価値観からすると、環境分野こそが21世紀最大のビッグビジネスのひとつなのですから。

【参考資料】
グリーン電力」(アサヒビール株式会社)
グリーン電力証書」(日本自然エネルギー株式会社)
グリーン電力ソリューション」(大日本商事株式会社)

榎本 洋

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)