職業別の退職金、みんなはいくらもらっているか

sorbetto/iStock

「老後」の生活を考えた時、「私は退職金があるからなんとかなるだろう。」と思っている人も多いでしょう。

その反面、「自分の会社に退職金制度があるか」「自分は退職時にいくらくらい貰えるのか」をしっかりと確認している人は意外と少ないのではないでしょうか。

給料や退職金のように、自分がもらえるお金のことを聞くと、お金にがめつい人だと思われそうで恥ずかしいという人もいるかもしれません。

そこで今回は、みんな定年退職金をいくらもらっているのかを職業別にみていきたいと思います。

続きを読む

職業別の定年退職金はいくらか

それでは早速職業別の定年退職金をみてみたいと思います。

中央労働委員会公表の「平成29年賃金事業等総合調査 退職金、年金及び定年制事情調査」によると、職業別の平均退職金額は以下の通りです。

産業別退職自由ごとの平均退職金額(定年)

  • 鉱業:2,273万4千円
  • 製造業計:1,706万7千円

     食品・たばこ:1,145万7千円
     繊維:1,685万8千円
     パルプ・製紙:1,235万4千円
     化学:2,009万1千円
     石油:2,055万7千円
     窯業・土石製品:2,340万1千円
     製鉄・製鋼:1,279万3千円
     非鉄金属:1,435万3千円
     機械:1,659万3千円
     電気機器:1,988万5千円
     車輌・自動車:1,769万8千円
     造船:2,135万8千円

  • 建設:1,981万9千円
  • 銀行:1,042万1千円
  • 保険:2,128万5千円
  • 私鉄・バス:1,952万1千円
  • 海運・倉庫:3,374万8千円
  • 電力:1,947万7千円
  • 百貨店・スーパー:2,016万6千円
  • 商事:1,974万2千円
  • 新聞・放送:2,401万9千円
  • ホテル・旅行:2,039万9千円
  • 情報サービス:1,792万6千円

調査産業の平均は1,813万円となります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、京都信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。