ダブルインカムで憧れの「世帯収入1000万円」稼いで得たもの・失ったもの

対等の収入を得るために失った時間

また、夫と同じだけ稼いでいるというRさんは「この収入と引き換えに、失ってきたものがあると感じる」といいます。

「正社員で働いていており、産休・育休を経たあとは通常勤務をしています。私の職場には派遣社員の方やパートの方などもいるため、そういった方の不測の事態には自分が対応しなければなりません。これら責任のある立場と両立しながらの子育ては精神的にも肉体的にもかなりハードなものです。急に欠員がでたときなどは家族に負担をかけながら出勤することもあるし、子供が寝た後に家で作業をすることもあります。結果、一番あおりを受けているのは子供だと思うんです。

先日、学校でママ友に会ったとき私の知らない学校での娘の様子を耳にしました。先生からも『もう少しご家庭でお話を聞いてあげてくださいね』なんていわれて…。自分が専業主婦だったら『おかえり』といってあげることもできるし、しっかりと学校の宿題を見てあげたり話を聞いてあげることもできる。今の私は家にいてもどこかで会社のことが頭の片隅にある状態です。そんな気持ちで接しているのが娘にも申し訳なくて」

正社員としての責任と母親としての責任。どちらもRさんにとって大事なことはかわりません。そのため「不器用な自分が両立するのは無理だったのではないか」と常に考えてしまうそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。