「一社残業時代」はもう終わり!増える「ギグワーカー」、魅力と3つの注意点

副業としてのギグワークの種類と注意点

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大をきっかけに、日本では副業ギグワーカーが急増しているようです。

ギグワークのメリット

ギグワークとは、単発で働いて報酬を得る働き方であり、その働き手がギグワーカーです。

単発バイトのようにも思えますが、ギグワークに労使契約は存在しません。インターネット経由で空いた時間にやりたい時にやりたいだけ仕事を請け負うという自由なワークスタイルが特徴です。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」がその代表例。フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員を本業以外の時間に行うというギグワーカーが注目され始めました。他には、クラウドソーシングサイトで請け負う仕事もあります。具体的には、エクセルでマクロを組む、セミナーのアシスタント、イラストレーターやWebライターなどざまざまです。

依頼者側は、業者に依頼していたような業務の一部を、スキルを持つ個人ギグワーカーに依頼することで、「低コスト(雇用不要)」、かつ「よりスピーディー」に業務を進められます。個人といっても他社に勤める現役バリバリの高スキル保持者への依頼も可能なのです。

業務をこなすスキルを求める依頼者側と、収入を確保したい受注者側のウィンウィン(win-win)の関係が成立します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

企業のリクルートページなどの執筆・編集に10年以上従事。キャリアを中心に経済・お金の親しみやすい記事を執筆していきます!