「コロナ禍で見直すキャリア」ブレない軸を持つために知っておきたいこと。

2020年の年明け、お花見ができない春やマスクをした夏を迎えるとは誰が想像したことでしょう。コロナ禍によって私たちの生活は多くの変化を余儀なくされました。

働き方においても同様です。在宅勤務へのシフトや自宅待機、場合によっては雇止めや解雇などの厳しい状況に直面し、自身のキャリアについて考え直さざるを得ない、という方も少なくはなかったでしょう。

そもそも「キャリア」って?

「キャリア」という言葉の響きに、どんなイメージを持っていますか?

続きを読む

職務経歴や経験・実績など、「仕事」に関することを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、本来「キャリア」とは、仕事にとどまらず、その人の人生そのものを扱うことを意味しています。

私たちが何を大切にしてどんな人生を送りたいのか、また何を体験して何を実現したいのかということは人生全体に関わってくることだからです。

そこでキャリアを考える際には、次の3つの切り口で捉えていきます。

  1.  職業人として:組織の一員として、どのような経験を積み上げ、役割を果たし、仕事をしていくのか
  2.  社会人として:一社会人として、社会に対しどのような役割、貢献を果たしていくのか
  3.  一個人として:子供として、親として…パーソナルな存在として何をし、どんな役割を果たしていくのか

「キャリア=仕事」というイメージが強いのは、人生においてその多くの時間を「仕事」に費やしている方が多いからといえるでしょう。

コロナ禍が終息したとしても、働き方やビジネスのあり方が、「コロナ以前」の状態に戻るとは考え難いです。そんな今こそ、キャリアについて改めて考えてみる絶好の機会と考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
倉田 きたみ(教育コンサルタント)

株式会社ヒューマンエイジ研究所 代表取締役

IT企業で社内教育業務に従事後、1994年教育コンサルタントとして独立
2000年に株式会社ヒューマンエイジ研究所を設立 

 

コミュニケーションを中心とした関係作りのための研修、コーチングを行っている


最近では「人が活かされる組織作り」をテーマに組織開発のコンサルティング事業にも力を入れている


関係性が変わることで個人の持ち味がより大きく活かされる組織作りを目指して活動中

 

CTI認定プロフェッショナルコーチ CPCC(Certified Professional Co-Active-Coach)
TLC認定プラクティショナー TLCCP(リーダーシップサーベイ プラクティショナー)
CRR認定システムコーチ ORSCC(Organization Relationship System Certified Coach )

 

株式会社ヒューマンエイジ研究所 https://humanagecoaching.com/

You Tube「明日も会社に行きたくなる組織を作る!関係性コーチング」(Biz9)