遺言の開封現場でみた「姉妹が他人になる瞬間」

「遺言」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょう。

「うちは庶民だから関係ないわ」と思っているも多いかもしれません。でも、実は、2018年の遺産分割事件における認容・調停成立件数(7578件)のうち、遺産額が5000万円以下のケースは76.1%、さらに1000万円以下のケースだけで約33%を占めています(※1)。「もしやウチにも関係ある?」と思い始めた人もいるかもしれませんね。また、介護への貢献度が高かった子やきょうだいなどに、多めに遺産を渡したい、と考える人も増えています。

続きを読む

遺言ってどんな種類があるの?そもそも「遺言さえ書いておけば、相続トラブルは避けられるの?」。今回は、実際にあったエピソードを交えながら、「自分亡き後、何を、誰に、どう託すか」について考えていきたいと思います。

(※1)「家事審判・調停事件の事件別新受件数―全家庭裁判所』」司法統計 家事平成30年(2018)度 第2表」 裁判所

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

会社員として勤務するかたわら、フリーライターとして活動。
子育て・介護・相続など、実体験を生かした視点から書いた記事をお届けしていきます。