定年前後の60代お金事情、平均貯蓄はいくら?

下記は金融中央広報委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」をもとに見ていきましょう。

老後の生活費の収入源(3つまでの複数回答)2019年

  • 就業による収入・・・48.2%
  • 公的年金・・・79.1%
  • 企業年金、個人年金、保険金・・・38.4%
  • 金融資産の取り崩し・・・27.6%
  • 利子配当所得・・・2.7%
  • 不動産収入(家賃、地代等)・・・5.6%
  • こどもなどからの援助・・・3.7%
  • 国や市町村などからの公的援助・・・5.2%
  • その他・・・3.4%

老後の収入源で、最も多かったのは公的年金です。約8割の方が老後の生活費の中心と捉えていることがわかります。

次は就業による収入で、約5割の方が生活費の収入源と考えています。

そして、企業年金・個人年金・保険金が約4割、金融資産の取り崩しが約3割と続きます。

60代のお金の不安、解決法は?

長生きを考えた場合、働くにしても、年金を受給するにしても、先々の生活費に充当できるものは限られています。60代以降は安定的にお金を増やすことが難しくなるからです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
宮澤 顕介

ファイナンシャルアドバイザー
明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。