定年前後の60代お金事情、平均貯蓄はいくら?

Ivonne Wierink/Shutterstock.com

新型コロナウイルスの脅威に、相次ぐ自然災害。いろいろ病気や災害を乗り越えてサバイブできたとしても、今度は「長生き」がリスクになる可能性もあります。

長生きのリスクに備え、みなさんどのくらい貯蓄をしていますか。気になる60代のお金事情について、2020年5月15日に総務省から発表された2019年の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」を中心にまとめてみました。

今の60代は、どんな世代か

今の60代の方々は「ポパイ・JJ世代」と言われています。若者向け雑誌の「ポパイ」、「JJ」とともに青春時代を過ごした世代です。

続きを読む

戦後のベビーブームで生まれた「団塊の世代」が今の70代なので、「団塊の世代」の次にくる世代でもあります。

社会人として脂がのっているころに、バブル経済やその後のバブル崩壊など、現役時代に、いくつもの荒波を潜り抜け、日本の凋落を体感してきたと言えるでしょう。

現在、60代の方の中には、定年退職を60歳で迎える方もいる一方、65歳に定年が延長されたことで、予定よりも現役期間が延びたという人もいます。

ひと昔前であれば、60歳で定年を迎え、退職金と公的年金、そして老後のために蓄えておいたお金を使って、ゆとりの老後生活を楽しむのが一般的でした。

現代では、働き方が多様化したことで、60代でもまだまだ働いている方が多く、まさに働き方改革の過渡期にいる世代とも言えます。

60代の平均の貯蓄額はいくらか

それでは、2020年5月15日に総務省から発表された2019年の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の「図Ⅲ-5-1高齢者世帯の貯蓄現在高階級別世帯分布(二人以上の世帯)」より、高齢者世帯と全世代の貯蓄残高を比較してみます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
宮澤 顕介

ファイナンシャルアドバイザー
明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。