睡眠で十分に休養できている人はどれくらい?「収入・就労時間」との関係は?

みんなの睡眠事情(2)

寝ても疲れがとれない!

国民の健康増進に向けた国の方針や目標数値などを示した「健康日本21(第二次)」では、睡眠による休養を十分とれていない人の割合を2022年度までに「15%」に減らす目標が掲げられています。

さて、実際のところはどうなのでしょう。厚生労働省の「平成30(2018)年国民健康・栄養調査」の結果をみていきます。

「睡眠で休養が十分にとれていない者の割合」の推移

ここでいう「睡眠で休養が十分にとれていない者」とは、調査票で「あまりとれていない」または「まったくとれていない」と回答した人です。

  • 各年齢層総計(20歳以上)

2014年…20.0%
2016年…19.7%
2018年…21.7%

  • 20-29歳

2014年…24.5%
2016年…23.0%
2018年…24.3%

  • 30-39歳

2014年…27.5%
2016年…26.8%
2018年…33.4%

  • 40-49歳

2014年…32.5%
2016年…26.6%
2018年…31.4%

  • 50-59歳

2014年…25.9%
2016年…26.2%
2018年…27.6%

  • 60-69歳

2014年…14.0%
2016年…14.6%
2018年…16.4%

  • 70歳以上

2014年…9.9%
2016年…11.2%
2018年…10.9%

2018年の結果をみると「70歳以上」以外のすべての年齢層で、目標数値の15%を上回っています。いずれの調査年でも、30歳台から40歳台にかけての、いわゆる働き盛りの世代で高い傾向があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

早稲田大学第一文学部史学科卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲の経験を積みフリーランスに。
尊敬する人物は伊能忠敬・羽生善治。